ウミイグアナ:イグアナ科ウミイグアナ属

トカゲ

ウミイグアナの特徴

ウミイグアナはその名の通り海の近くで生息しています。ウミイグアナは海洋爬虫類として分類される数少ない種のうちの一つであり、水中9メートルまで潜って餌を獲得します。ウミイグアナは水中で高速で動き回る事ができます。

ウミイグアナの体は黒から薄灰色の色をしています。ウミイグアナは頭と体と背中全体に短いトゲで覆われています。また、ウミイグアナは水中で自由に動き回るための水かきを持っています。

綱:爬虫綱

目:有鱗目

科:イグアナ科

属:ウミイグアナ属

種:ウミイグアナ

ウミイグアナのオスはメスより大きく、170センチメートルほどの大きさでメスの方が60センチメートルほど小さい力を持ちます。水中では優雅に泳ぎ回ることができますが、陸上ではそれほど早く動き回ることはできません。

ウミイグアナは背びれと長いしっぽを持っていることで水中でエネルギーを消費せずに動くことができます。また、ウミイグアナは鋭い爪で岩に登る事ができます。

ウミイグアナの行動

ウミイグアナは多くの時間を水中ですごしているため、まだ知られていないことがたくさんあります。ウミイグアナは体温調節のために陸上で体を温めることが知られています。ウミイグアナにとって水中は寒すぎるためです。

体温が下がりすぎるとウミイグアナは動きが鈍くなり、捕食者に対して弱くなります。そのため、ウミイグアナは特に気温が低い場合は日光を浴びて体を温めることに時間を使います。

ウミイグアナの生息地域

ウミイグアナはガラパゴス諸島のに生息しています。ウミイグアナは体を温めるために陸の近くの海岸線に生息しています。

ウミイグアナの食べ物

ウミイグアナは他のトカゲとはまったく異なる食生活を送っています。ウミイグアナは主に岩場に生えている海藻や藻類を食べて生活しています。ウミイグアナは鋭い歯と爪を持っているので肉食動物だと思われがちですが、それは肉を食べるためではなく、海藻を食べるために使われます。

ウミイグアナは平たい鼻をもち、それにより海藻をうまく食べる事ができます。ウミイグアナは海藻と一緒に多くの海水を口にしますが、それらの海水は腺から排出されます。

ウミイグアナは秋と冬に脂肪を貯め込むために、時期によって25%ほど体重に差があります。ウミイグアナが冬に十分な食べ物を探すのは簡単ではありません。海藻は気温の高い時期に豊富になります。

ウミイグアナの生殖活動

ウミイグアナにとって縄張りはとても重要です。ウミイグアナは自分の縄張りに他のウミイグアナがいることを快く思いません。ウミイグアナのオスは食べ物が豊富である限りメスのウミイグアナを許容しますが、オス同士を許容しません。

交配シーズンにはメスのウミイグアナは強い香りを放ちます。それによりオスはメスに惹きつけられ交尾をおこないます。オスは交尾が終わると他のメスを探しに行きます。

メスは巣作りのために使用する材料を集めることに専念します。ウミイグアナのメスはできる限り安全な場所に産卵する必要があります。

➡トカゲの種類:一覧にもどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました