コモドドラゴン:オオトカゲ科オオトカゲ属

トカゲ

コモドドラゴンの紹介

コモドドラゴンはオオトカゲ科オオトカゲ属に属するトカゲの一種で、トカゲの中で最大の体をもちます。正式な学名はコモドオオトカゲですが、コモドドラゴンとして広く知られています。

コモドドラゴンの特徴

コモドドラゴンは5,600種以上のトカゲのうちで最も大きな種類です。コモドドラゴンの全長は最大で3メートルになることがありますが、平均的なメスは2.5メートルほどです。コモドドラゴンの体重は約130キログラムあります。コモドドラゴンは攻撃的な性格のために多くの文化で語り継がれています。

コモドドラゴンの基本的な体色は、薄く日焼けした灰色です。砂漠にすむコモドドラゴンは砂漠と同化するために周囲の環境と似た体色をもちます。また、コモドドラゴンの体には黒または緑色の領域があり、体は非常に幅広く強靭です。

綱:爬虫綱

目:有鱗目

科:オオトカゲ科

属:オオトカゲ属

種:コモドオオトカゲ

コモドドラゴンの口には非常に鋭い歯が60本もあり、それはサメの歯と同じように生え変わることができます。様々な理由でコモドドラゴンの歯が抜け落ちたとしても、新しい歯が生えてきます。

コモドドラゴンの行動

コモドドラゴンは非常に攻撃的な性格をしています。コモドドラゴンは他の動物や人間を追いかけて攻撃をします。コモドドラゴンはその大きな体にもかかわらず素早く動くことができ、山登りも得意です。また、コモドドラゴンは水辺の近くでも生息し、水中を自由に泳いで獲物を捕らえる事ができます。

コモドドラゴンの生息地域

コモドドラゴンはコモド国立公園に生息しており、コモド国立公園はたくさんの小さな島々で構成されています。コモドドラゴンは国立公園で保護されているため、有利な状況で繁栄を続けることができます。

コモドドラゴンは乾燥した地域でうまく生きていくことができます。また、コモドドラゴンは岩と斜面の多い地域に多くが生息していますが、森の中やサバンナでも生息しています。コモドドラゴンは40度前後の環境で最も活動的になります。

コモドドラゴンの生息している地域では1年中ほとんど雨が降りません。そのためコモドドラゴンは生きていくうえで水をほとんど消費しません。ただし、雨が降ったときや水中を泳いだ時には体内に水を貯めこみます。

コモドドラゴンの食べ物

コモドドラゴンは匂いをかぎ分けることにおいて非常に高い能力を持っています。専門家の分析によるとコモドドラゴンは風が吹いていれば最大10キロメートル離れたところの匂いをかぎ分ける事ができると言われています。これによりコモドドラゴンは遠くの獲物を簡単に見つける事ができます。コモドドラゴンは素早いスピードと強力な歯、強力な毒を使って獲物を仕留める事ができます。

コモドドラゴンは強力な毒を持っているため、コモドドラゴンに噛まれた獲物はしばらくするとバクテリアに感染して死に至ります。コモドドラゴンは獲物を獲得すると鋭い歯により肉を噛み砕くことができます。

また、コモドドラゴンは生きた獲物を必要とせず、時により腐敗した死体を食べることで生きる事ができます。コモドドラゴンは鳥や卵、他の種類のトカゲも食べます。コモドドラゴンは日和見主義であり、食べられるときに多くを食べて脂肪を蓄えます。

コモドドラゴンの生殖活動

コモドドラゴンは攻撃的ですが、交配シーズンになるとさらに攻撃的になります。コモドドラゴンのオス同士は、尾を噛んでどちらかが諦めるまで何時間にもわたり戦います。コモドドラゴンのオスがメスに近づくと、オスは長い舌をメスの口に突き刺します。

これによりコモドドラゴンのオスはメスが交配準備ができているかどうかを確認する事ができます。交尾が終わるとオスは他のメスを探しに行き、メスは卵を産むための安全な場所を探します。コモドドラゴンのメスはシーズン中に20個ほどの卵を産みます。

➡トカゲの種類:一覧にもどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました