アオミノウミウシ:ブルーエンジェル

ウミウシ

アオミノウミウシの紹介

アオミノウミウシは、ブルーエンジェル(青い天使)・ブルードラゴン(青い龍)とも呼ばれる美しい見た目を持ったウミウシの一種です。

アオミノウミウシの特徴

アオミノウミウシは暖かい海に生息する外洋性のウミウシで、日本でも南西諸島や小笠原諸島に生息しています。最も特徴的な美しい外見を持つことから、英語圏ではブルーエンジェル・ブルードラゴンなどの俗称で呼ばれることがあります。

綱:腹足綱

目:裸鰓目

科:アオミノウミウシ科

属:アオミノウミウシ属

種:アオミノウミウシ

アオミノウミウシの体長は20~50ミリメートルでとても小さく、両手を広げたような美しいヒレをもち、爬虫類のしっぽの様に細長く伸びた胴体を持ちます。

アオミノウミウシは美しい青い背中を持つことで海の反射面と溶け込むことができます。

アオミノウミウシは、ヒレを動かすことで水中を遊泳することができます。

美しいアオミノウミウシ

アオミノウミウシの生息地域

アオミノウミウシは主に太平洋およびインド洋の熱帯または温帯水域に生息しています。アオミノウミウシは消化管に空気を取り込んで、波の流れを利用して移動しますが、ヒレを使って遊泳することもできます。

アオミノウミウシは日本でも生息しており、南西諸島や小笠原諸島で見る事ができます。

アオミノウミウシの食べ物

アオミノウミウシは有毒性のクラゲを主に餌としています。カツオノエボシ・ギンカクラゲといった有毒な触手を持ったクラゲに取り付き、毒をものともせずに食べてしまいます。また、アオミノウミウシは食料が不足していると共食いをすることもあります。

また、アオミノウミウシは有毒クラゲの毒を体内に取り込んで外敵から身を守る手段としています。アオミノウミウシは美しい外見をもっていますが、毒を貯めこんでいるために直接手で触れると危険です。

アオミノウミウシの生殖活動

アオミノウミウシは雌雄同体(オスとメスが同じ)であり、すべての個体がオスとメス両方の生殖器官を持っています。そのため、アオミノウミウシが交尾をすると2匹が両方とも卵を産むことができます。

アオミノウミウシの卵は白く、17ミリメートルほどのひも状になります。1つのひも状の卵の中には36~96個ほどの卵が含まれており、1時間あたり4~6個のひも状の卵を産むことができます。

アオミノウミウシは通常、流木や餌となる毒クラゲの骨格に卵を産み付けます。

➡TOPにもどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました