アカメカブトトカゲ(赤目兜トカゲ)

スキンク

アカメカブトトカゲは、スキンク下目トカゲ科に属するトカゲの一種です。アカメカブトトカゲという名前の通り、大人になると目の周りが赤やオレンジ色になるのが特徴です。

アカメカブトトカゲの概要

アカメカブトトカゲは小さめのトカゲで、体長は15センチ~20センチメートルほどです。目の周りがオレンジ色である事以外の特徴として、鱗が大きく突き出す形をしており、皮膚が露出している部分もあります。アカメカブトトカゲは強くて頑丈な体と足をもち、腹にも小さなうろこがあります。

アカメカブトトカゲの特徴

アカメカブトトカゲはトカゲの中でも珍しく、鳴き声をあげることができます。彼らの子供が脅かされたりしたときに発声することができ、オスとメスでは鳴き声に違いがある事が研究によりわかっています。アカメカブトトカゲは驚くと硬直する傾向があり、「死んだふり」をすることで知られています。

アカメカブトトカゲの生息地域

アカメカブトトカゲは熱帯のトカゲであり、湿度が70~90パーセント、温度が23℃~27℃程度の環境を最もよく好みます。

アカメカブトトカゲは夜行性のトカゲで昼間は落ち葉や倒木の下などに潜んでいます。主に熱帯雨林の落ち葉の中で生息しており、ニューギニア島に生息しているトカゲです。

アカメカブトトカゲの食事・食べ物

アカメカブトトカゲは肉食のトカゲで、コオロギ・ゴキブリ・オオミミズ・ミミズ・小さな昆虫・ワームなどを食べます。

アカメカブトトカゲの生殖活動

アカメカブトトカゲは、同性同士、特にオス同士では攻撃的になりますが、オスとメスのペアや幼い生体では小さな範囲でうまくやっていくことができます。アカメカブトトカゲは3~4歳で性的に成熟し、成熟するとのどがオレンジ色になります。

アカメカブトトカゲのオスとメスは同じ巣に住んでおり、特に卵があるときに彼らは積極的に巣を守ろうとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました