ムカデの飼い方・飼育方法:初心者向け

ムカデ

このページでは、ムカデの飼い方・飼育方法を解説します!

ムカデの飼い方・飼育方法の概要

用意するもの

クリアケース

床材(ヤシガラ・腐葉土・バーミキュライトなど)

餌(デュビア・コオロギなど)

水皿

「ケース・床材・餌・水皿」があれば、ムカデを飼育する事ができますので、それぞれ、わかりやすく解説します。

ムカデかっこいい!

ムカデの飼い方・飼育方法の概要

ムカデは基本的にジメジメした「湿気の高い場所」を好みます。

自然界では湿った地面の岩の下や腐葉土の中などで生活しています。

ムカデは、意外と乾燥には弱く、乾燥した環境だとすぐに死んでしまうことがありますので注意しましょう。

※ムカデは強い毒腺と強力なあごをもつ危険な生物ですので、ケースから逃げ出さないように注意しましょう。

クリアケース

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2BTXYM+ESV322+249K+BWGDT&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2FB00FAGL2ZG%2F%3Ftag%3Da8-affi-296623-22

ムカデを飼育するには十分な大きさのクリアケースを用意しましょう。

ムカデは強力なあごと素早いうごき、狭い隙間をとおり抜けることができます。

ですから、脱走を防ぐためにある程度高さのあるケースで頑丈なもの、ムカデに噛まれても壊れないクリアケースを用意しましょう。

また、ムカデは「ジメジメとした湿度の高い環境」を好みますので、保湿性の高い飼育ケースが好ましいです。

床材

ムカデ飼育に用いる床材は、吸水性のたかいヤシガラマットやバーミキュライト、腐葉土などが主に使われています。

どれにするか迷ったら、とりあえずヤシガラマットを使っておけばOKです。

クリアケース内に床材をひいて、ムカデが潜って隠れられるようにしておきましょう。

適度な湿度がないとムカデは弱ってしまいますので、霧吹きなどを床材に吹きかけて「適度な加湿」をおこないましょう。

また、湿度の高い環境では「ダニ」が発生しやすいので、床材が汚れてきたら新しいものと入れ替えるようにしましょう。

餌(えさ)

ムカデは肉食の食性ですので、コオロギ・バッタ・ダンゴムシ・ミミズ・ヤモリなどを食べて生きています。

飼育下では、爬虫類ペットショップに売っている餌用のヨーロッパイエコオロギや餌用ゴキブリのデュビア、ミールワームなどを与えておけばOKです。

餌やりの頻度は、週に1~2回くらい。餌を与えすぎても死んでしまいますので注意しましょう!

ムカデのサイズが小さくてコオロギなどを食べられない場合には、亀用のエサで代用することもできます。

水皿

ムカデは霧吹きの水滴や餌から水分を採ることができるので、水皿は無くても大丈夫なのですが、水皿を置いておくことでムカデが水を飲むところを観察できます。

水皿を置く場合には、ムカデがおぼれてしまわないように小さめのサイズで這い上がれる足場のあるものを選ぶようにしましょう。

ムカデの飼い方・飼育方法のまとめ

ムカデを飼育するには、①ある程度高さのある(ムカデが逃げ出せない高さのある)クリアケース、②吸水性・保水性の高い床材(ヤシガラマットなど)、③コオロギ・デュビアなどの餌、④水皿があれば飼育する事ができます。

必要なものは大概、「爬虫類のペットショップ」で手に入れることができます。(*’ω’*)

ムカデの飼い方・飼育方法:注意点

ここまで解説してきた「ムカデの飼い方」は、日本で最も一般的なオオムカデの一種である、トビズムカデ(アカズムカデ・アオズムカデも同様)の飼い方です。

日本でムカデと言えば、基本的にはトビズムカデなので、この記事のやり方で飼育する事ができます。

※「アカズムカデ・アオズムカデ」は「トビズムカデ」の亜種なので、同じ飼育方法でOKです。

⇒日本に生息するムカデの種類:見わけ方

ペットショップで販売している外国産ムカデの場合

ペットショップなどで流通している外国産のムカデの場合は、飼育の条件もそれぞれ個別に異なります。

乾燥を好むムカデや、温度管理が必要なムカデなど、また、日本のムカデでもジムカデアカムカデなどは飼育条件が違ってきます。

ムカデ飼育の注意点

毒について

ムカデは強力なあごと毒腺をもつ生き物です。

ムカデに噛まれると最悪の場合、アナフィラキシーショックを起こしますので絶対に手で触れないようにしてください。

ムカデは攻撃的な性格で、すぐに噛みつこうとしてきます。

冬眠について

ムカデは冬(気温10℃以下)になると動かなくなり、冬眠に入ります。冬眠中はじっとして動かず、食事もおこないませんのでそっとしておいてあげましょう。

共食いについて

1つのケース内での多頭飼いや、異なる種ではムカデ同士で共食いをすることがありますので、できれば別々のケースで飼育してあげましょう。

ムカデは夜行性です

ムカデは夜行性なので、昼間はじっとしており、夜になると活発になります。

ムカデの飼い方・飼育方法:まとめ

ヤンバルオオムカデ

ムカデはその独特で攻撃的な外見から、爬虫類マニアのあいだではペットとしても人気の高い生き物です。

しっかりとお世話をしてあげることで、7年~10年くらい長生きして、15センチメートル~20センチメートルちかくまで成長することもあります。

素敵なムカデ飼育ライフを送りましょう!

コメント

  1. […] ムカデの飼い方はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました