カメレオン:カメレオン科

未分類

カメレオンの紹介

カメレオンは気分によって色を変える特徴があるためにトカゲの中でもとても人気があります。色を変えることで周囲の景色に溶け込むことで外敵から身を守ることもできます。カメレオンの色の変化は気温の変化や交尾シーズンであるかどうかに影響をうけます。

  • 綱:爬虫綱
  • 目:有鱗目
  • 科:カメレオン科
  • 属:およそ200の属に分かれる

カメレオンの特徴

カメレオンはひとつの種ではなく、カメレオンにはおよそ200の種があります。ですが、カメレオン科にはおおむね似たような特徴があります。カメレオンは頭の側面に大きな目を持ち、大きくて長い舌を持っています。

カメレオンが立派なしっぽを持っていることはあまり知られていません。カメレオンはしっぽを使って物をつかむことができます。カメレオンの体は木登りや細い木の枝に沿って歩くために最適です。いくつかのカメレオンの亜種はわずか4.5センチメートルの体長ですが、大きな種類のカメレオンは60センチメートル以上の体長があります。

カメレオンの生息地域

もしあなたがカメレオンの生息地域を詳しく知っていたとしても、カメレオンは周りの景色に溶け込むため、その中からカメレオンを探し出すのは容易ではありません。

カメレオンには160以上の亜種があり、それぞれが多様性を持った場所に生息しています。カメレオンの生息地として共通している場所では、フロリダ・カリフォルニア・ハワイ・アジア・スリランカ・スペイン・マダガスカル・ポルトガルなどがあります。

カメレオンは主に暖かい場所に生息していますが、その生息地は熱帯雨林から乾燥した砂漠まで幅広いです。カメレオンは非常に適応性の高いトカゲであり、野生のカメレオンの亜種は広い範囲に生息しています。

カメレオンの性格

カメレオンは臆病な性格をしています。ですから、カメレオンは争うよりも逃げることを選びます。カメレオンはゆっくりとした性格と色が変わる特徴からペッとして人気がありますが、実際にカメレオンを飼育するには食べ物・温度・および木登りの場所などに適切なバランスが必要なので飼育するのは難しいです。

カメレオンの食事

小さめのカメレオンはコオロギ・バッタ・その他の昆虫を食べます。大きなカメレオンは鳥や、他のトカゲでさえ食べてしまいます。また、カメレオンはビタミンやミネラルを摂取するために植物も必要とします。

カメレオンの交配活動

カメレオンの交配シーズンは、場所と季節により異なります。カメレオン科には160以上の種があるため、それぞれの交配シーズンがあります。共通して言えることはすべてのカメレオンは交配の後、約4週間以内に卵を産みます。

卵は種に応じて4個~100個の卵を産みます。メスは土や砂の下に数センチの巣を作ります。これにより卵は温度と外敵からできるだけ守られます。

カメレオンの卵は交配の後、約4~12カ月で孵化します。(種により異なります。)カメレオンの赤ちゃんは自ら殻を割って出て、食べ物を見つけ、隠れる場所を見つけて生きていかなければなりません。カメレオンの赤ちゃんが捕食から身を守り生き抜くことは容易ではありません。

➡トカゲの種類:一覧にもどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました