グリーンイグアナ:イグアナ科イグアナ属

トカゲ

グリーンイグアナの紹介

グリーンイグアナは一般的に「イグアナ」と呼ばれています。イグアナはトカゲの中でも大きな体を持つ種の一つです。グリーンイグアナはその特徴的な外見からペットとしての人気が非常に高いです。ただし、グリーンイグアナを育てるには細かな世話が必要となるため、飼育の初心者が飼育すべきトカゲではありません。

グリーンイグアナの特徴

グリーンイグアナは、体長が約150センチメートルであり、色はライトグレーもしくは緑色です。グリーンイグアナは体の正面から腹の下にかけて非常に淡い黄色がかった色をしています。グリーンイグアナは通常約9キログラムの重さになります。しかし、グリーンイグアナの体重は生息地の環境によって影響を受け、それほど食べ物の豊富ではない地域のグリーンイグアナは平均よりも軽くなる傾向があります。

  • 綱:爬虫綱
  • 目:有鱗目
  • 科:イグアナ科
  • 属:イグアナ属
  • 種:グリーンイグアナ

グリーンイグアナはつよくて強力な非常に広いしっぽを持っています。グリーンイグアナは危険にさらされると、しっぽを鞭のように使って攻撃します。グリーンイグアナは小さなトカゲのように速く走る事ができないので、しっぽによる攻撃で身を守っています。また、グリーンイグアナは背中に沿って並んだトゲを持っています。

グリーンイグアナの生息地

グリーンイグアナは中南米に広く生息しています。グリーンイグアナの主な生息地はパラグアイとブラジルの周辺ですが、メキシコ北部の周辺やカリブ諸島でも確認されています。アメリカのフロリダ州とテキサス州の周辺で見つかったこともあり、グリーンイグアナはハワイ諸島にも多く生息しています。

グリーンイグアナの性格

グリーンイグアナは非常に穏やかで優しい性格を持つため、ペットとして高い人気があります。また、グリーンイグアナは多様な環境に適応することができ、グリーンイグアナ同士は密集した環境でも過ごすことができます。ただし、交尾の時期や食料が不足したときには例外です。

グリーンイグアナの食べ物

グリーンイグアナは植物・果物・低木のみを食料とし、いかなる種類の肉も食べることはありません。グリーンイグアナは非常に鋭い歯を持っていますが、それは肉を食べるためではなく、歯を噛み砕くためにそれを使います。グリーンイグアナをペットとして飼育する際には、その鋭い歯は人間の皮膚を切り裂くのに十分な長さを持っているため、注意する必要があります。

グリーンイグアナの生殖活動

グリーンイグアナのオスとメスは交尾期にとても強い香りを放ちますが、その時期は場所と気候によって異なります。グリーンイグアナは1組のカップルが交尾をするとすぐに別々になり、オスは多くのメスと交尾をするために他のメスを探しに行きます。

グリーンイグアナのメスは卵を産むために巣を作る場所を探します。メスは1度に20~70個の卵を産むことができます。メスはそれらの卵を暖かくて外敵から守られる場所に産みたいと考えています。グリーンイグアナの卵は孵化までに10~15週間かかりますが、暖かい気候であるほど短い期間で孵化する傾向があります。

➡トカゲの種類:一覧にもどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました